メコゾーム 効果

評判が良くて気になっていたメコゾームを買ってみました。メコゾームが私のシミにどんな効果を及ぼすのか、年代別の口コミ情報をまとめてみました。シミへの効果が気になる方は参考にしてみてください。

メコゾーム 効果 > メコゾームの効果が出る期間は?

評判が良くて気になっていたメコゾームを買ってみました。メコゾームが私のシミにどんな効果を及ぼすのか、年代別の口コミ情報をまとめてみました。シミへの効果が気になる方は参考にしてみてください。

メコゾームの効果が出始める期間は?

↓↓アマゾンでの購入が安いのでオススメ↓↓
メコゾーム ブライトニングフォーミュラ15g


実際にメコゾーム ブライトニングフォーミュラを使ってみた人の口コミで、効果が出始めたと書いてあった期間を調べてみましたが、年代によっても異なりますし、人によっても大きく異なるようでした。
 
■年代別 効果と期間に関する口コミ
30代:1週間でシミが薄くなってきた、1ヶ月で消えてきたなど
40代:2週間でシミが薄くなってきた、2週間で消えてきた、2ヶ月経って効果がわかってきたなど
50代:1ヶ月くらいで薄くなってきた、3ヶ月くらいで効果がわかってきたなど
60代:半年くらい使ってシミが薄くなっているのが実感できたなど

1週間でシミに変化があるというのはちょっと早過ぎのような気がしますが、それでも30代だと1ヶ月くらいで効果が出てきたという口コミが多いです。40~50代でも2~3ヶ月、60代だと半年くらいで効果が実感できて来たという口コミが目立ちました。

肌の新陳代謝が活発な若い世代の方が効果が早く出る傾向にありますが、それ以降の年代でも効果があったという声が他の美白化粧品よりも多く、そして実感できたという期間も短いと思います。50代でも1ヶ月くらいで薄くなってきたというのは相当スゴイことだと思います。

そして、このメコゾーム ブライトニングフォーミュラの特徴は40代以降のユーザーが圧倒的に多いことだと思います。色んなシミ対策化粧品を使ってきて、最終的にこの製品にたどり着いたというような人が多い印象を受けました。そもそも、60代でシミが消えたという口コミが寄せられている化粧品ってかなり珍しいのではないでしょうか。

シミ対策は特に、何を使っても効果がないという人が多いですが、メコゾーム ブライトニングフォーミュラはこうした悩みを持っている方に支持されているの美容液のようです。

>>メコゾーム ブライトニングフォーミュラ15g<<

 

どのように肌に作用するのか?

メコゾームが肌に作用する働きは、天然酵素の「マリンプロテインエキストラクト」という成分が古くなったり傷ついた細胞だけを選んで掃除する(=ターンオーバー時に排出させる)というもののようです。

正直なところ説明を読んでもよくわかりませんが、「ドクターズコスメ」と言われるものの原理を理解するのは相当の知識がないと難しいかもしれません。

理解したことと言えば、自然界に存在する天然酵素がお肌に作用して、傷ついた細胞を排出する効果があるってこと。シミの着色部分が排出されるのもこの効果があるからなのでしょう。

口コミの低評価が目立つ理由は?

メコゾームは、シミが消えたという効果があったと口コミがたくさん寄せられる一方で、低評価をつける人も目立つというちょっと変わった化粧品のようです。メコゾームの口コミで低評価を付けている人の多くは、肌がピリピリしてきた、赤みが出てきた、皮膚が剥けてきたので(怖くなって)使うのを止めたというのがほとんどです。

ただ、この症状のほとんどは肌の保湿をしていないことが原因で起きてしまうものです。メコゾームの説明書にも、初めのうちは化粧水、美容液をつけた後にメコゾームをつけてくださいと書かれています。実際に、化粧水や美容液で保湿してからメコゾームを使うと、赤みやかゆみはかなり収まってきます。

ある意味、良くも悪くも効果が高い化粧品だということがわかる反応があったにも関わらず使用を中断するのはもったいないなぁと思ってしまいます。

説明書に、「初めのうちは赤く反応が出る」こと、そして十分な保湿をしてから使うようにと推奨されているのに、おそらくは説明書も読まずに使い始めたという人が大多数なのでしょう。(たしかに面倒ですが、この化粧品に関しては少し危険)効果が高いからこそ、推奨通りに使って最大限の効果を得たいところです。

こうした悪評価が気になる方は、オーガニック化粧品の方が向いているかもしれませんね。オーガニック化粧品についての詳細はこちらのサイトが参考になります>>HANAオーガニックは店舗で買うと損する!?

メコゾームを使う順番と注意点

メコゾームの説明書に推奨されている使い方が掲載されていますが、読まずに使ってしまう人が多いようなので、念のためこちらにまとめておきます。これから購入を検討している方はこちらをご確認いただけたらと思います。

■使うタイミング
化粧水⇒乳液⇒美容液やクリーム⇒メコゾームの順序で使い始めて、肌に赤みが出なくなったら(慣れてきたら)、化粧水の後にメコゾームを入れるよう繰り上げた方が良いそうです。

■使用回数
1日1回から開始。使い始めた頃は赤く反応が出るので夜に使うのがオススメです。慣れてきたら朝夜の1日2回使ってもOKです。

■使用範囲
まずはシミ部分だけに使用。その後は今後シミが出てきそうな箇所にも使えば予防として効果があるそうです。

■赤みが出た時の対処
赤みが引くまで使用を中断。海の酵素が毛細血管を促進しているのが赤みを発生させる原因だそうです。

■ピリピリ感・かゆみが出る時の対処
肌が乾燥している時にメコゾームを使うとピリピリした感じやかゆみを引き起こすことが多いようなので、保湿を十分にしてから使うようにすると良いです。この保湿が不十分な人が多いのがアンチコメントを見ているとよくわかります。

■何も変わらない
引き続き使った方が良いと思います。少しずつ肌へ影響を与えていることが推測されるとのことです。

メコゾームはニキビ跡にも効果的?

メコゾームでニキビ跡が治ったという口コミも良く見られるのですが、これはメコゾームが持つ「古くなったり傷ついたりした細胞だけを選んで洗浄除去する”スカベンジ機能”とターンオーバーを整える働き」があるためだと思われます。そもそもシミの原因は紫外線などで傷ついた細胞が肌の表皮から角質に残ってしまうことが原因なので、この働きによってシミの原因を排出することで効果を得られるわけですが、同じような働きによってニキビ跡にも効果があるようです。

シミ対策の美容液で本当にニキビ跡にも効果があるのか?と思いましたが、こうした原理を知ると、あながち「なくはないかな」と思ってしまいます。実際にシミへの効果を体験してみると、ニキビ跡にも試してみようかなという気にさせられます。

なかなか効果的なニキビ対策化粧品はないので、こうした効果があるメコゾームを使ってみたという人が増えているのかもしれませんね。詳しくは公式サイトをご覧ください。

>>メコゾーム ブライトニングフォーミュラ15g<<